ハレとケ 青森に春生まれは何故多いのか
Story エロス エロ column love&sex woman man

ハレとケ、とは??

かの日本を代表する民俗学者柳田國男は日本の大衆の世界観に「ハレとケ」という概念を提唱した。

わかりやすく言えばハレは非日常であり,ケは日常である。日常の単調な農作業をケとすれば,祭りは非日常。無礼講という言葉があるがハレの時にはケのルールも適用外として盛り上がる。ハレがあるからケの単調な毎日も耐えられると言えるかも知れない。

8月のねぶた祭りでエロスを放出??


青森の出生月のデータを見ると面白い傾向がある。4月,5 月が全国平均と比べて出生数が多いのだ。
参考「青森県で4月の出生が多いのは、ねぶた&ねぷた影響?
その理由として言われているのは所謂「ねぶたベビー」8月のねぶた祭りで盛り上がった男女の間に生まれる子供という説だ。ねぶたの高揚感は、普段大人しく真面目な女子でも、自分のもっている本能的なエロスを放出するのだろう。


この時だけはそれを放出しても許されるという空気感を街全体が生み出す。ねぶたで日常から切り離された少女達が処女を喪失するのももねぶたの夜が多いとも言われている。

その時だけはエロスを出すことが許される。そんな雰囲気を社会全体が創り出すことは大事なことなのかも知れない。現在の都市における男女は、ある意味毎日日常である「ケ」の状態のままだ。非日常は自分で創り出さなければいけない。
しかし,親や教育で真面目に生きることを厳命された若者が自分から非日常を生み出すことは難しい時代になっている。真面目な女子が処女を喪失するには、とてつもないエネルギーが必要だろう。

エロスを否定しては祭りが成立しない場合もある

それには相当な非日常感が必要だ。そういう意味では祭りというのは、社会が非日常を生み出すために創られた社会システムでもあったのだ。しかし,最近は祭りにもグローバルスタンダードが及んでいる。何千年も続いた「裸祭り」のポスターの男の胸毛が「セクハラ」ということで、JRの駅のポスターから撤去されることがかつてあった。非日常にグローバルスタンダードを当てはめることは、文化の喪失だ。退廃主義的には、ダブルスタンダードな社会であることが重要だ。


ハレとケ。それは昼間と夜でもよい。日常の自分とエロスを放出できる夜の自分。このメリハリを生活の中に創り出すことが退廃主義としては大事だ。昼間の真面目に働く自分と夜のマスカレードな自分。退廃主義な男女は是非意識して欲しい。


ケのエネルギーを枯渇させるな

実はハレとケにはもうひとつ「ケガレ」という考え方がある。しかしそれは「汚れ」では無い。「ケ枯れ」は、日常生活を営むためのケのエネルギーが枯渇することであり,つまり非日常的な活動により充填されるエネルギーのことだ。退廃主義的解釈をすればエロスによって充填されたエネルギーで、ケの日常を生きていくエネルギーを貯めることになる。
エロスの無い日常を過ごしてしまえば、そこには汚れたつまらない自分しか残らない。奔放に生きて汚れてしまうというのは実はキリスト教的な間違った概念だ。ケ枯れないように生きることこそが退廃主義的な生き方だと言えるだろう。
ネオテニーな日本男子 キャバクラは風俗なのか
Story
ネオテニーという言葉があるwikipediaによれば

動物において、性的に完全に成熟した個体でありながら非生殖器官に未成熟な、つまり幼生や幼体の性質が残る現象のこと。幼形成熟幼態成熟ともいう。”


まさに日本男子の精神的幼さのことと言えるのではないだろうか。
 
例えば女性からすると男性が行く「風俗」の区別というのはよくわからないだろう。キャバクラ,銀座のクラブ,ヘルス,ソーププランドハードからソフトまで色々ある。後者の二つは性的なサービスであるが,前者の二つは基本女性が話相手になってくれるところだ。その中で銀座のクラブは接待も多いし,それなりに成功した男性が行く社交の場としての性質が大きい。


問題はキャバクラだ。キャバクラのホステスの女の子を口説く目的で通う男性はまだ狩猟本能があり健全だろう。しかし意外と多いのは女性に接客してもらい男性として優位に立つことの精神的喜びを享受にしにいく男性だ。キャバクラでは自慢話も女性が聞いてくれる。「すごーい!」とか合いの手もちゃんと入れてくれる。これだけの数のキャバクラが存在しているということはお金を払うことで短時間でも自分が女性に対して上位に立てるという男性としての征服欲と自己顕示欲の混ざったような欲望を満たす男性の数がとても多いということだ。
実はこの構造は日本のアイドルの幼さにも表れている。日本ではセクシーな大人の魅力を出すアイドルよりもかわいい処女性を出している女性の方が人気だ。男性からすると処女というのは絶対的な優位性をもてる存在だ。何しろ初めてなので自分が未熟でも大丈夫だ。性体験の多い女性はそれだけで男性から敬遠されるのは自分が優位に立てないという精神構造からだ。

杉本彩と壇蜜な同じセクシー路線でも全然アプローチ方法が違うのだ。杉本彩は「かかってきなさい」だが壇蜜は「殿方」と男性をたてる。これだけで日本男性は安心する。ラテン男子は杉本彩に挑戦するだろうが,日本男子は最初から敬遠する。壇蜜の方がまだ自分が優位に立てそうだから安心する。しかし,これでは男女の健全な関係は構築できない。女性がエロスを安心して解放するためには精神的対等性が必要だ。SEXにおいて男性を優位に立ててあげないとと考えていては演技しかできなくなる。

我々男性達は今こそネオテニー状態から脱皮し,退廃主義的価値観を持つ必要がある。処女に愛されて満足することは卵から生まれたひよこが「ぴよ!」と言っているのと同じだ。明日から1000人の男性と経験のある女性からあなたは「今までのどの男性よりも私を官能的にしてくれたわ!」と言われて喜ぶ男性になろうではないか。

Why? 退廃主義宣言
Story エロ エロス アダルト デカダンス love&sex column

このコラムは自立した大人な男と女のエロティックな生き方について語ります。

19世紀末のヨーロッパで広がった思想
退廃主義。

#デカダンス とも呼ばれる19世紀末のヨーロッパで広がった思想である。既存の価値観に疑問を抱き,新しい挑戦をした芸術家達の運動でもあった。このタイトルをつけた理由はまさに現代の日本こそがこの考え方が必要だと考えたからである。今後色々書いていきたいがおおまかに考えると以下のようなことである。

・成熟化した日本社会が世界と競争するための価値の源泉は「文化」そのものである
・文化の究極の源泉はエロスと食である
・我々の常識や道徳感,既成の概念を疑え
・世界に通用する文化を生み出していた明治以前の「江戸」に今こそ学ぶべき
食は十分文化になっているのでそれはもう大丈夫だろう。しかし心配なのはエロスだ。つまりこれからの日本のためには男性も女性ももっとエロくならなければいけない。それが文化を創り成熟社会のベースになる。しかし現状は憂うばかりだ。。。だから今こそ退廃主義宣言なのだ。
19世紀末のデカダンスもキリスト教的価値観への懐疑が背景にあったが,現代の日本の道徳感も明治維新の時の教育による大衆への「儒教」概念の浸透。戦後の米国から浸透した「キリスト教的価値観」により大きく支配されていると言える。日本女性をしばりつけている道徳感はまさにこのふたつの宗教的価値観によって生まれていると言えるだろう。日本女性が海外に行くとイエローキャブと呼ばれるように軽くなると言われる。そんなものは一部の軽薄な女性のしていることだと思う男性や年配女性の方々も多いだろう。しかし,それは大きな間違いだ。全ての性欲が発生する年齢レンジにいる日本女性は猛烈な道徳的価値観の抑圧の中にいる。
だからひとたびその抑圧から解放される場面に出会えば多くの日本女性は十分官能の世界に飛び込んでいく資質を持っている可能性が大きい。

女性をエロくする極意とは?

難しそうに書いても飽きてしまうかもなのでこれを読んでいる男性諸氏にいきなり初回特典として女性をエロくする大極意を最初から教えてしまおう。

たった2つだけだ。

1)非日常空間を演出する
2)友人,家族,職場など現在の人間関係に対して秘密が守られる状態をつくる

つまり日本社会において女性は常に道徳的監視状態に置かれている。特に「親を悲しませてはいけない」「友人達に淫乱と思われてはいけない」この二つは意識することなく潜在意識の中にすり込まれている。まずその呪縛を断ち切ることが何よりも大事である。昔からよく言われる「お酒のせい」「何もしないと言われたから部屋に行った」などの自分への言い訳もある意味同じ道徳的価値観を破ってしまった理由が欲しいからである。

しかし,言い訳程度ではSEXをするまでだ。このコラムを読んでいる方々にはさらに一歩進んだ退廃的快楽レベルまで突き抜けて欲しい。そのためには女性が真に道徳的価値観から解放される状態を作る努力を男性もしなければいけない。

デートのマニュアルレベルの話もみんなこの延長だ。祭り,車の中,夜景や空間演出のあるレストラン,ランプの炎,お香。慣れた男性なら知らず知らずのうちにこうした状況は作り出しているだろう。そう非日常は大事なスイッチのひとつだ。そして秘密。二人だけの秘密の場所,合コン中の二人だけのLINEトーク、そもそも人に言えない関係。。。背徳感はエロスを高める大事な要素だ。

先ほどの非日常空間と秘密というキーワードでピンと来た人もいるだろう。そうマスカレード。危うい魅力をかもしだす仮面舞踏会はまさにこの条件にぴったりな世界だ。中世の貴族は昼間は家のために結婚をする。しかし,夜は自由に楽しむ。そんな社交の場としての仮面舞踏会はさぞかしたくさんの背徳感の中に溺れていく男女を生み出したことだろう。そして考えて欲しい。数百年後の世界でベネチアでは仮面舞踏会は文化遺産として観光資源になり,あの仮面を世界中の観光客に販売して生活をしている人達がたくさんいる。やはり文化の源泉はエロスだ。このコラムはみんなで日本をエロスな世界にしていくための一助になることを目指していきたい。

LAWRENCE - Motorcycle x Cars + α = Your Life. Log in | Sign up